サクラ姫 毒親育ちの胸の内

思いを吐露することで心を癒すことを目的としたエッセイブログ。

スーパーマンにはなれない

こんにちは、桜です。
今日も全身倦怠感が強いです。 体が不自由な中にも出来ることを探して過ごします。 たとえ何も出来なかったとしても、今日も頑張ったと褒めてあげます。
じゃなきゃ自分が可哀想ですからね。

 

 

私は小さいころから、父にものすごく期待をかけられていました。
物心ついた頃には外交官になればいい、薬剤師になれ、会計士になれ、弁理士になれ、東大に行かなければなれないぞと何かとプレッシャーを受けていました。

 

 

親は子供に期待をかけるものかもしれませんが、
父は自分の持つ劣等感を私にぶつけていたと思います。

 

 

とにかく要求に際限がありませんでした。

 

 

かと言って、成績が良かったからと言って褒められたことは一度もありません。
むしろ、なぜか不機嫌で、満足していない風でした。

 

 

父独特の、はっきりと言葉にしないほのめかしたやり方です。
常に「お前はこのままじゃ駄目だ」というメッセージを受け取っていました。

 

 

またほんのちょっとした欠点は、過剰に怒鳴られもしましたよ。
ちょっとした失敗もめちゃくちゃに怒鳴られるので、常にこれではいけないという圧力で、いつも自信が持てずにいました。
いつだって、そこまで怒鳴られるほど悪い事なんかしなかった。

 

 

 また感謝が足りないからこんなに具合悪いんじゃないかって、随分自分を責めた時期がありました。

 

医者にも言われました
「お父さんの事をちゃんと分かってないからこうなんだ」

 

 

あそこが悪いここが足りない。言われるたびに必死でいい人間になろうと頑張りました。 誰かに現状を訴えるほど、まるで私が一切人を許さない人間だと言われて傷つきました。

 

 

そんなに何もかも私が悪いのか。

 

 

でもようやく分かりました。
私は長所も欠点も兼ね備えた、本当に普通の人間です。
特別に悪いダメな人間なんかではありません。

 

平気でうそをついたり、盗みをしたり、人を利用できる人間ではありません。
むしろ家族が幸せになってほしくて、父の事がかわいそうで、母の事が心配で、きょうだいは大丈夫かといつも思っていた優しい人間です。

 

 

当たり前の自分でいる事さえ許されなかった家庭。
もう二度と、心を支配されたりしません。

 

 f:id:sakura-candy:20191014140757p:plain

ランキングに参加しています↓↓
よかったらポチしてください!
また読者登録していただけるととっても嬉しいです!

不可能を可能にする忍耐

こんにちは、桜です。 見ていただきありがとうございます。
うーん今日も体調が優れません。忍耐の日々です。
そんな中でも、美味しいスイーツを食べたり、ちょっとした楽しみを持って頑張ります!

  

 自分がこんな生活をしているせいか、テレビで放送される社会問題や、それが元に起る事件を身近に感じることがあります。
どうしても他人事とは思えません。

 

被害者のいつ終わるとも知れない苦しみを想像すると共に、
加害者をそこまで追い詰めたものは何なのか、考えずにはいられません。

 

 不幸の連鎖を断ち切ることはとてつもなくエネルギーのいる事です。

 

どんなに頑張っても這い上がれない。何をどう頑張ればよいのかさえもうわからない。そうしているうちに、度重なる不幸に生気も失ってしまうのではないでしょうか。

 

その中で希望を失わず生きる。百億の忍耐を重ねる。
不可能を可能にする。
その先に必ず幸福があるのだと信じて生きてきました。

 

私ははっきり言って忍耐強いです。
前へも進めない、横にも行けない、後へ退くことも出来ない、ただひたすらそこに居る事しかできない状況があります。

 

十代の頃よく思っていました。
3年後はまさか同じ生活をしているわけがない、2年後には体も回復しているはずだ、来年の今頃は今とは違っているに違いない。
だから生きようって。

 

 希望希望!また希望! それしか残っていませんでした。

 

絶望してしまえば足元がパカッと抜けて落ちて行ってしまうから。

 

 

それでも、もうどうしようもなく生きるのが辛くなる時があります。
なぜこんなに辛くとも生きなければいけないのか、自問していた時です。
たまたま、やなせたかしさんの本を手にしました。
そこには「とにかく生きていることが大事」と書かれていました。

 

そうか!なぜなのか、なぜなのかと考えていたけど、とにかく生きていることが大事なんだ!と思ってふっと心が軽くなりました。

 

 

それじゃあもう一度百億と一つめの忍耐を重ねようと奮起しましたよ。

 

アンパンマンに助けられました。

 

この世から差別と貧困、悲惨がなくなるよう願っています。

 

私は今日も忍耐です!

 

f:id:sakura-candy:20191011122034p:plain

生活保護での暮らし

こんにちは、桜です。
このブログでは生い立ちや、日々感じた事、思ったことを綴っています。
思いを吐露する事で、精神的に立ち直っていこうと頑張っていますよ。
良かったらお付き合いください。

 

私は病気のため約2年半生活保護を受けて生活しています。
生活保護はどんなイメージですか?

 

 

ただでさえ病気や経済苦なのに、支えてくれる家族や、実家と呼べる居場所も無いため受給している人が多いのではないでしょうか。

 

 

生活保護での暮らしは想像以上に辛いものでした。
2年半のうち、中一年はほぼ誰の助けも借りられずにいました。

 

 

体調が悪く買い物へも行けない。ご飯も作れない。でも出前は高くて取れない。
話し相手もいない。一日一日を具合の悪い体で一人で過ごす。

 

 

けれど一番つらかったのは社会と全く関わりが無くなってしまった事かもしれません。

 

 

自分は誰からもどこからも必要とされていないと感じました。

 

 

今も居場所と呼べるのはこのブログの中だけですよ。

 

 

いつかは誰かから必要とされて、いっぱいお仕事をして、色んな人に出会って、私はここに居ていいんだって心から思える場所で暮らしたいです。

 

 

具合が悪いのに怒鳴られたり、馬鹿にされたり、睨まれる、、父の元からやっと離れられたのだから、今度は自分自身で幸せと呼べる居場所を築いていきたいです!!

 

 f:id:sakura-candy:20191009150929p:plain

 ランキングに参加しています↓↓
良かったらポチしてください!

宝くじは当たらない3

こんにちは、桜です。
このブログではこみ上げる様々な思いを言葉にして、心と体を回復させようと試みています。精神的虐待以外にも生活保護での暮らしや思った事感じた事を書いていきたいと思っていますよ。
よかったらお付き合いください。

 

 

前回のつづき・・・懲りずに宝くじを買ったって話、、

 

とは言ってもその後の一年半で買ったのは、
ロトシックスなど合わせて20枚程度でしょうか。
大した枚数ではありませんが、生保を受けている私にすればいつも思い切って買っていましたよ。

 

幸いギャンブル依存症にはなりませんでした。
多分単純なエネルギー不足で実行に移せなかったのもあると思います。
外へ出る元気がなければ買えませんからね。
相性もあるかもしれませんが、そもそも何かにはまれるほどの体力がありませんでした。

 

 

 

問題は金額ではなく気持ちの方。
どうしても宝くじが欲しくなる日は決まっていました。

 

 

珍しく用事などで街中に出て、もうどうしようもなく一人の家に帰りたくない時。

疲れ切って気力も何もかも失って、さっさと帰って休めばいいのに帰れない時。

クラッチ一枚買って、もしかしたら当たっているかもしれないから家に帰ろうって思えたの。

 

 

ドーパミンが出るのかな?宝くじ100枚手にした時の興奮が蘇ってフワッと元気が出るような気がしました。
そして家に帰れた。

 

 

誰にだって現実逃避や息抜きをしたくなる時はあります。
嫌なことがあって浴びるほどお酒を飲んでみたり、やけくそになって競馬で大金を使ってしまったり。それらは必ずしも悪いことじゃないと思います。
理由をはっきり分かっていればいいのだろうと思います。

 

 

私の場合はたとえ少額であっても違いました。
表面的には生活や病気のストレス発散でも、その本当の理由が分かっていない。

 

 

自分のさみしいのはどこからきて、なぜこんなに疲れていて、
なぜこれほどまでに辛いのか。

なぜ宝くじを買わなければ家にさえ帰れないのか。

 

 

ただの娯楽として楽しむのではなく、現実から逃れたいために瞬間でもそこに本気で人生を賭けていました。

 

だから怖かった。

 

体力さえあれば何かしらの依存症になる姿がはっきり想像できたから。

 

 

辛さの本当の理由を認識するのはこれよりまだ先の事です。

 

 

でも宝くじがきっかけでお金について考えるようになったんですよ!
その話はまたいずれどこかで書きますね!

 

 f:id:sakura-candy:20191007131120p:plain

 

 

宝くじは当たらない2

こんにちは、桜です。
最近調子が上がらず、ちょっと落ち込んでいますが、ブログを書ける日は嬉しくなりますよ!

一日の間にも体調は大きく変わります。
20年以上この体と付き合ってきていますが、体調不良に慣れるということはありません。

 

とにかく社会と繋がりを持ちたくて始めたブログです。
わずかでも見てくださる方の存在は心の大きな支えです。
よかったらお付き合いください。



前回の続き・・

 

 

結果は、、、もちろん5億なんて当たりません。
確率通り300円が10枚、3000円が1枚、計6000円の当たり。

 

 

しかも、その6千円でさらに宝くじを買って結果すっからかんです。

 

 

 本来であれば直ぐに収入報告しなければならないお金をスッてしまいました。
(しばらく後に報告しました)

 

 

ショックでした。
自分の馬鹿さ加減に。

 

 

けれどこれで一発逆転だって一か月半どこかで本気で信じて過ごしていたので、
すでに結果はダメだったのに現実の生活に戻れないような感覚が残りました。

 

 

興奮から覚めているのに認めたくない。

 

 

依存症が始まるきっかけってこんな感じなのかな?って思いました。
次こそはって、現実から離れた所に希望を見出しちゃう。
それも何とも意図しないことがきっかけで。

 

 

それまでギャンブルとは縁の無い人生だったのに、
生活保護での暮らしが辛くなるにつれ、それで終わらず、実は買うようになったんです。

 

つづく

 

f:id:sakura-candy:20191005171613p:plain

ランキングに参加しています↓↓
良かったらポチしてください(*´∀`)

 

 

 

宝くじは当たらない1

こんにちは、桜です。
このブログでは過去を綴り心を整理して、精神的虐待から立ち直っていくことを目的としています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

約2年前、生活保護を受給し始めたその年の秋、宝くじその物が当たったことがあります。 偶然見たテレビで
3名様にジャンボ宝くじ100枚プレゼント!

 

 

何となく電話して応募したら次の日に当選の連絡がありました。
もうビックリ!こんなことが自分の身に起きるなんて。

 

 

人生で宝くじを買ったのなんてせいぜいスクラッチ3,4枚。
それまでほぼ意識したことのない存在でした。

 

 

連絡のあった日から、もはや当たったんじゃないかと思うほど、
真剣に使い道を悩みました。

 

 

くじを換金するまで貸金庫で保管しなきゃいけないかなとか、
あれに使ってこれに使っていくら寄付して、気になっていた治療法も試してみよう。
ってことは1億程度じゃ全然足りないから狙うは一等及び前後賞!

 

 

妄想はさらに飛躍して誰かが嗅ぎ付けて泥棒が入ったら大変だとか、
ネットで宝くじが当たって不幸になった人の末路も真剣に読みました。

 

 

大金を手にしたのに使い切ってさらに借金を作ってしまうなんて!
絶対にそうはなるまい。
まさかなる訳がないと想像しながらお勉強に余念なく過ごしましたよ。

 

 

期待感が高まるにつれ、もし当たらなかったら、
これからの人生どう生きればいいのか分からないと不安になり始めたり。

 

 

当たらないことの方が当然なのに、
思いがけず手にした幻のような幸運にすっかり賭けていました。

 

だって可能性は0ではないのだから。もしかしたら。

 

しかもすごい予兆があったのです!
夏には近所のお祭りで花火大会の有料チケットが当たり、
ドーム野球観戦チケットが当たり、ソーメンが当たったのです!

 

そこに来ての宝くじ100枚。

 

今年は何かが違うと思いました。

 

 

結果は・・・つづく

 

f:id:sakura-candy:20191002153055p:plain

たくさんの人を敵に回しても、そのままで生きてる人って魅力的


こんにちは、桜です。
昨日はずっとベッドの上だったので、少し飽きてしまいました。
今日はブログを書けてとても嬉しいですよ。

 

このブログでは思いを打ち明けて心を整理すると共に、
心を強く鍛えようと試みています。
体に無理が出来ない私にとって、ブログは生きがいとなっています。
良かったらお付き合い下さい。

 

 

人は、親やお世話になった人など、純粋に誰かの期待に応えたいと思っています。
それは決して悪い事ではなく、美しい心です。

 

けれど悪い期待の掛けかたがありますね。

 

私はどんなに父の期待に応えても、ついに父が満足することはありませんでした。
達成しても達成しても終わりは来なかった。
父はいつも不満足そうでした。

 

人は他人の所有物ではありません。
永遠に誰かの期待に応え続けることなんて出来ません。

 

 いつしか私は・・・私は自分を見失っていた。

 

誰かの期待に応え続けるなんて無理だから、自分の人生だもの、
責任もって生きたいように生きましょう!

 

お釈迦さまだって妻子ほっぽり出して出てっちゃったんだから、
元祖ロックな人ですよ。

 

めちゃくちゃをやれという事じゃありません。
そうじゃなくて、 自分の心に正直に生きる。

 

正直に生きれば批判もされます。

けれど応え続けたって周囲からはどうせ“つまらない人”って言われてしまうのだから!

 

 

私はそのままで生きてる正直な人を見て、魅力的だなって感じるんです。

 

f:id:sakura-candy:20190930110042p:plain

フィクションですよ!!