サクラ姫 毒親育ちの胸の内

思いを吐露することで心を癒すことを目的としたエッセイブログ。

最も大切で、時に難しい食事の話し

こんにちは桜です。
現在の食事はとってもシンプルです。治療の目的もあるためいくつか制限はありますが、大してストレスも感じず、嗜好品とも程よく付き合っています。
ここまでくるには中々大変な思いもしましたよ。

 

食は精神的な事とも密接に関わるので時にやっかいですね。 ストレスや、栄養状態の偏りから特定の食品に依存したり、味覚を感じにくく、疲れから濃い味を好んでしまうなどの問題も乗り越え、ようやく今があります。

 

食事には随分気を使わざるを得ない状況にありました。栄養外来など専門の病院に行っても、病院によって真逆の指導をされたり、たくさん振り回されもしましたよ。

 

本当なら食事なんて難しく考えすぎず、ブルース・リーの有名なセリフのように 「Don’t think! feeeeeel!」 の精神で臨みたいところなのですが、
人間本能だけで生きてはいないので、健康や機能を保つための食事ばかり摂るわけでもなく、最初から依存性を持つように作られた食べ物も多くあり、食べたいと感じるものが体の欲するものだとも限らない。
また心身を患っていると、感覚そのものが鈍っていたりしますね。

 

 健康的な食事法やら体に良い食べ物など情報に溢れ、さらに嘘も多い。
わけの分からない難病にアレルギー、増え続ける癌や精神疾患。それぞれの個人の問題に対処するためには、個々に応じた知識を必要としています。

 

考えるまでもなく地域で育った物を食べていた時代のように、単純には生きられなくなっています。食べ物に限らずより複雑になった世の中で、選択していかなければなりません。

 

一方で、厳格に健康的と言われる食事をとる人が、意外と顔色も悪く考え方も融通が利かなかったりするのが疑問でもありました。

 

 体にも良くて美味しいものとは詰る所、“素材と鮮度である”なんて一流シェフみたいなことを思ったり。自然食品とお金とのバランスに悩み罠に陥ったり。孤食は消化が悪い!消化酵素より笑顔の食卓が必要である、とか考えてみたり。 中々の思考の旅路をしてきたわけです。

 

 他人から見ればきっと神経質過ぎたことも、ストイックになったり視野が狭くなってしまったことも、これはもう致し方の無い部分もあったんですね。 全部くるめて仕方ないと思うことで楽になったりしましたよ。

 

 そして行き着いた結論は!!
・自分の体をよく知ること。
 
(年齢や性別、遺伝的要素、運動量によっても変わるのだから!)
・お菓子を食事代わりに食べないなど基本的な事をする!

結局そんなことかよ!と、何にも考えなくても知ってるわ!と、一周回ってアホではないかと思うほどですが、けれど単純な事を実行するって、けっこう難しい事なんですね。特に今の時代は。
そしてそのためには、やっぱり考える事とか、知識とか教養が必要になってくるわけです。あるいは失敗とかね。

 

 ブルース・リーは哲学者ですから、考えて考えて考え抜いた人のようですよ。その上で感じるままに。(と言う意味だと桜は理解した!・・・詳しい方間違ってたらごめんね!)

 

食事は知性と教養、そしてあとは体と本能のおもむくままに。
「感じて食べろ!!」
と、言うわけです。

  f:id:sakura-candy:20200328141051p:plain

 

 

今回コロナで最も困難な状況に立たされている方達、この混乱の陰で見過ごされてしまうかもしれない子供達の苦しみや、人の視界にさえ入らない本当に弱い立場で過ごされている方達が、どうかご無事でありますように、強く強く願っております。 そして世界が、世界の全ての人達が、この困難を必ずや乗り越えていくことを。