サクラ姫 毒親育ちの胸の内

思いを吐露することで心を癒すことを目的としたエッセイブログ。

許す許さないの問題じゃない

こんにちは、桜です。
嬉しい事に障害年金が出ることになりました。
ただ、過去5年に遡ってはもらえませんでした。
ですがこれで生活保護をやめることにしましたよ。
金銭的には辛いのですが、どうしても市外の病院にかかりたいのです。
このまま心療内科だけにかかっても良くなる見込みはありません。
とにかくこの倦怠感を何とか治したいと思います。希望をもって行ってきます!

 

父の話です。
親なんだから、育ててもらったんだから許しなさいというのはよく言われる言葉です。
でもね、許す許さないの問題ではないのです。
会うと危険だから会わないだけです。

 

ある時は、部屋が寒いので暖房をつけたら「勝手につけやがって!」と怒鳴られました。なので消すと、直後に父が自分で暖房をつけていました。

 

またある時は、毎朝「おはよう」と朝の挨拶をしていましたが、返事が返ってきたことが無いので、挨拶をしなくなりました。
すると「お前はあいさつもしないやつだ!」と怒鳴られました。

 

ある時はカーテンを少し早く閉めただけでも怒鳴られました。

 

どう振る舞えばいいのか分からないので、頭が分裂するような思いをしました。
肉体的暴力のような緊急の危険性はないかもしれません。
ですが真綿で首を絞められるような苦しい思いをし続けてきました。

 

精神的な暴力は目には見えません。しかも人の居る前では殆どしないものです。
だから分かってもらえず被害者は二次被害を受けることになります。
どれほど辛い思いをしたか分かりません。



それでも 怒鳴られに帰れと言いますか?
暴力を受けろと言いますか?

 

そのように言う人たちは、私にとって父と同じです。

 f:id:sakura-candy:20191110200414p:plain